ブログ

良いシャンプーと悪いシャンプー

こんにちは!

上本郷店の日比谷です。

本日の内容は、ズバリ!!

『今、アナタが使ってるシャンプーって良いシャンプー?悪いシャンプー⁇』です。

毎日使ってるシャンプーがもしかしたらダメージの原因、ごわつきの原因になってるとしたらアナタはどうしますか??

そもそも、頭皮の余分な皮脂や髪の毛に付着した汚れはお湯で7割〜8割落とせるということはご存知でしたか??

これを『湯シャン』といいます。

汚れだけならお湯でしっかり洗い流す事でほとんど落ちてしまうのです。

では、なぜシャンプーをするのか⁇⁇

それは湯シャンで洗い落とせない毛穴の汚れを取るため、髪の毛と頭皮に栄養成分を補給するためです。

シャンプーの成分構成比がこちら

水が7〜8割

洗浄成分が2〜3割

その他1割。

見てわかる通り。ほとんど水でできています。

次に多いのが、洗浄成分!!

これが一番大切な部分です。この洗浄成分に何を使っているのかで良いシャンプーなのか悪いシャンプーなのかがわかります。

洗浄成分は原材料費が安価ものから高価なものまで沢山流通しています。

安価なものはアルコール系と言われるものです。皆さんも耳にしたことがあるかもしれません。☆ラウリル硫酸ナトリウム、ラウレス硫酸ナトリウムなどです。

アルコール系の特徴は洗浄力が非常に強く、泡立ちがいいです。しかし、肌への負担が強く小さいお子様や敏感肌の方には強刺激になります。石油系界面活性剤とも呼ばれており毒性も強いと言われています。

反対に高価なものはアミノ酸系と呼ばれています。アミノ酸系の中でもいくつか種類があり、使用感や質感に違いが出ます。ネットで『アミノ酸系界面活性剤』と調べると詳しく出てきますので気になる方は調べてみてください。

アミノ酸系は、使う方の髪質、求める質感によってかなり違いがでます。

『アミノ酸系のシャンプーだから髪の毛にいいんでしょ?』っという気持ちで購入すると思い通りの使用感や質感を得られないので、注意が必要です。

ですが、きちんとした知識と毛髪診断をする事でベストマッチなシャンプーを選ぶ事もできるので、迷わずご相談ください!